お勧めのプリント方法

色見本

自前で印刷するより業者に依頼した方が印刷は格安で済む。チラシ印刷などの大量印刷は特にその恩恵を受ける。専門業者に依頼することで紙質を選ぶことが出来る。チラシ印刷においてはその用途、大量であることが重要なのか、デザインも加味するのか、という目的に応じて作成することが可能だ。

詳細を確認する...

パンフレットを作ろう

印刷

印刷業者の店頭に行くと冊子を作ることも出来るのですが、それ以外に通販を利用してオンラインショップからも依頼できます。特殊なものも作ることができるのですが、これはホログラム冊子というものを制作する事ができるのです。

詳細を確認する...

年賀状やあいさつ状の作成

ハガキ

年賀状やあいさつ状など大量のハガキ作成は簡単に行うことができます。印刷会社では大量のハガキ印刷なども格安料金で行っています。作成に関する知識も必要がないので安心して依頼することができます。自営業などを営んでいる方で大量のハガキを作成する必要がある場合は印刷会社に相談してはいかがでしょうか。

詳細を確認する...

特徴と注意点について

チラシ

宣伝を目的としてフライヤー印刷は作成されます。大きさはA4サイズよりも小さいことが多く、持ち帰りやすいサイズの紙に印刷されることが多いです。また、紙も青みかかったコート紙に印刷されることが多いです。コート紙は光沢があるので、写真などを印刷したときには非常にきれいに印刷することができます。フライヤー印刷は主に持って帰ってもらうことを目的としているため、おしゃれで凝ったデザインであることが多いため色表現の良い紙に印刷されます。街頭やお店に置いたときにぱっと一目を引きつける力が必要だからです。また、印刷にも細かい注文をつけることもできますので印刷するさいには相談してみましょう。凝った印刷は価格が高くなりますが、それだけに人に与えるインパクトも強いものがあります。

最近はネットでも印刷をお願いできる印刷所が増えてきています。そのため、個人で作成する人も多くいます。フライヤーを作成するときにはお店の紹介なのかイベントの告知なのかキャンペーンの案内なのかをはっきりとさせておくことが大切です。宣伝したい内容にあわせたフライヤーを作りましょう。個人でフライヤー印刷を印刷所にお願いするときはホームページなどをよく読んで、すぐにフライヤー印刷できるデータを送付するようにしましょう。初めてだと、わからないことも多いものです。スムーズに宣伝活動を行うためにもデータ送信には気をつけたいものです。もし、修正などが発生するとそのたびに印刷所とやりとりをする手間がかかります。ホームページの注意事項をよく読んでスムーズにフライヤー印刷作業に入れるデータを送りましょう。